楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行サービス手配業とは(4) 改正旅行業法、地域受入強化へ資格新設も

取扱管理者と通訳案内士 地域限定旅行業を緩和

来年1月4日に施行される「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律」では、旅行サービス手配業の創設とともに、地域における旅行者の受入環境を整備する目的で新設される「地域限定旅行業務取扱管理者」と「地域通訳案内士」資格の創設だ。

このうち、地域現手旅行業務取扱管理者は、着地型旅行のニーズの高まりを受けて、地域に限定した知識のみで取得することが可能としている。着地型旅行商品のみを取り扱う旅行業者にとっては管理者を選任しやすくなる。

また地域限定旅行業に関しては、現状は営業所のある市町村と隣接する市町村に旅行催行区域が限定されているが、今回の改正では隣接する市町村の隣に空港、拠点駅がある場合はその範囲までも営業区域として認定されることになる。具体的には省令、告示で明らかになる予定だが、拠点駅は新幹線駅等が想定されている。

さらに今回の改正では、複数の営業所が近接している場合、1人の旅行業務取扱管理者が複数営業所の管理者を兼務できるようにした。例えば、地域の旅館ホテルを営業所とし着地型旅行商品販売の門戸を開くことを想定する。近接とは距離50キロ、車で1時間程度までが目安となる予定だ。

一方で、規制が強化される分野もある。これまで「努力義務」だった旅行業務取扱管理者の研修の受講を義務づけする。旅行業務に関する法令などの研修を随時受講することで、旅行者の安全や公正な取引の確保につなげるねらいだ。

なお、通訳案内士法の改正に関しては本紙でも既報の通り、「通訳案内士」の業務独占規制の廃止と「地域通訳案内士」の創設であり、地域おける通訳ガイドの不足解消が促す。

なお、国土交通省では今回の改正に伴う省令案について8月下旬からパブリックコメントを実施し(8月25日に開始)、10月前半に公布するとしている。

(トラベルニュースat 17年8月25日号)

(前の記事)旅行サービス手配業とは(3) 新規登録は都道府県知事に申請

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ