楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

団体旅行復活へ共闘 全旅協大阪と大阪バス協が初会合(2) 現状、今後を活発に意見交換

ロビー活動やプロモーション強化

この後、Go Toトラベルキャンペーンや全国旅行支援について「観光業界の背中を押してもらったことは理解している。しかしOTAと大手旅行会社の一部、旅館にはメリットはあったが、団体旅行を中心にやっている我々にとってはメリットが乏しい。割引の手続きに忙殺され、その間の立替金をどうするかも悩ましかった。団体、バス旅行に特化した支援を要望したい」と、吉村会長が過去に行った大阪府の要望書提出の経緯を説明。

バス協会の阪部光雄専務理事も「府内に来る、府内に住む消費者に対しては支援するという認識」とし反面、全国旅行支援「大阪いらっしゃいキャンペーン」の団体枠の残り予算などについても示してもらえず、大阪府との間に認識の齟齬があるとの見解を示した。

団体旅行復活に向けた方策や要望行動については、吉村会長が滋賀県で「滋賀県安全安心な観光バスツアー助成事業」を設け団体旅行の支援策を実施していることなどに触れ「他県はできている。大阪府下のバス会社を使うことを条件にやりたい」と強調。バス協会側からも「地方創生交付金があるにも関わらず、観光業界に落ちてこない」との声が挙がった。

また「個人旅行については今までの政策で効果があった。抜け落ちていたのは観光バス事業者であり、受注型の団体旅行。単純明快に貸切バスを使ったら助成する形でいい」「貸切バスは公共交通機関という認識がないのではないか」など活発に意見交換がなされた。

今後については、議員など政治家に対するロビー活動、府民への理解を深めるプロモーション活動について強化していくことを検討し、業界外の組織団体との連携も模索。団体旅行復活へ両者での話し合いを続けていくとした。

(トラベルニュースat 2023年4月25日号)

(前の記事)団体旅行復活へ共闘 全旅協大阪と大阪バス協が初会合(1) 行政支援策の具現化へ議論

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ