楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

多様性への寛容―ツーリズムEXPOジャパン(3) ツーリズムアワード表彰

大賞は南三陸「語り部バス」

第3回「ジャパン・ツーリズム・アワード」の表彰式が9月21日、各国から参加した観光大臣や出展者に見守られるなか、ツーリズムEXPOジャパン開会式後の全体会場で行われた。同アワードを国際的に周知しようと、表彰式は開会式と世界観光大臣級会合に挟んで行った。すでに各賞の受賞者は8月末に発表されている。

大賞は、東日本大震災の記憶を風化させないため「語り部バス」を運行していることが評価された宮城県南三陸町の南三陸ホテル観洋が受賞。語り部バスは、震災の教訓を参加者に伝えるとともに、震災エリアと他地域の交流というツーリズムで地域経済にも貢献している。

同館の阿部憲子さんは表彰後のあいさつで「世界で多くの災害が起きるなか、世界中に語り部が必要です。1千年に一度の災害は、私たちにとって1千年に一度の学びとなりました。ぜひ、足を運んでください」と呼びかけた。

ジャパンツ ーリズムアワード

表彰された皆さん

同アワードはツーリズムEXPOジャパンの主要事業として創設。取り組みの持続性を重視し、連続応募、連続受賞が可能なことを特徴としていて、長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客推進協議会は3回連続の受賞となった。国内・訪日、海外など3つの部門で募集し、今年は昨年を大きく上回る239件の応募があった。

(トラベルニュースat 17年10月10日号)

(前の記事)多様性への寛容―ツーリズムEXPOジャパン(2) 旅による交流で平和への道筋を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ