楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

多様性への寛容―ツーリズムEXPOジャパン(2) 旅による交流で平和への道筋を

プラス面だけでなくマイナス面にも目を

基調講演に続いて行われたのが、主催国の日本に加えオーストラリア、カンボジア、エジプト、南アフリカ、タイ、フィリピン、ミャンマーなど13カ国からの観光大臣級による意見交換。

1時間半程度という限られた時間で、全員からコメントを引き出すという難しい作業は、TEDを見ているようなアニータの魅力的な司会進行により、形式的で退屈なものではなく、観光に身を置くものを励ます、聞き応え十分なものになった。

国際観光客が増加の一途をたどる中、ツーリズムによるマイナスのインパクトを減らすことが課題とされた。

「国際観光の成長に酔っていられない。課題もある。ベニスは観光客の集中で人口が減っているし、バルセロナでは観光がテロの標的になった。ただ、ツーリズムは善意につながり平和につながる。文化や宗教の違いではなく類似点を探そう」

「ツーリズムで相互理解や寛容が学べる。ツーリズムが繁栄するところには寛容がある」

ツーリズムは人を励まし、生活を改善できる。

「人数ではなく、経済へのインパクトを重視し、貧困と闘いたい」

「ツーリズムにはハートと情熱のある人、特に若者が大事。ターゲットを数字ではなく、人のためにどれだけ役に立っているかに変えるべき。そしてツーリズムはお金ではなく、プライドだと、若者と話を始める時」

ツーリズムには権利と役割がある。

「人には、どこかへ行く権利、旅をする権利がある。世界80億人が国境を越えて旅にでられるよう、私たちのジャーニーも始まっている」

「多様性をおもしろ、おかしく伝えるのがツーリズムの役割。アイデンティティや文化を尊重できることが、ツーリズムの成功であり、人々のライフスタイルを傷つけるものではないことを分かってもらおう」

(トラベルニュースat 17年10月10日号)

(次の記事)多様性への寛容―ツーリズムEXPOジャパン(3) ツーリズムアワード表彰
(前の記事)多様性への寛容―ツーリズムEXPOジャパン(1) 観光大臣級会合を初開催

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ