楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

石見神楽の常設施設 大阪ミナミに来春オープン

18/11/15

島根県の伝統芸能「石見神楽」を観覧できる常設施設が来春、大阪ミナミに開設される。インバウンドで賑わうミナミの新しいエンターテインメント施設として話題を集めそうだ。

来春オープンが予定されているのは「石見神楽なにわ館」。石見神楽の常設施設としては全国で初めてだという。100人以上を収容し、2019年3月に初演を行う予定だ。

11月1日に大阪市浪速区のライブハウスで行われたお披露目公演には約100人が参加。島根県浜田市の追原神楽社中による「恵比寿」「八岐大蛇退治」が招待客に公開され、迫力のある神楽に歓声と拍手があがった。

石見神楽なにわ館

大阪の招待客を前に本場の八岐大蛇を披露

飲食店と薬局を経営するジョブクローバーの高橋郁夫さんは、お披露目公演の席上「動画サイトで石見神楽を見て、電気ショックを受けたような感動を受けました。なにわの地から石見神楽を発信していきたい」とあいさつ。行政などの支援は得ずに、石見神楽の常設施設の開設に尽力したという。

公演に向けて「石見神楽大阪社中」を結成。浜田市などから指導者4人を招き、11月末までに公募で演者25人を決める。総監督に就いた元・島根県金城町長の安藤美文さんは「すでに一芸に秀でた人が集まっています。毎日練習し、素晴らしい神楽団にしたい。3年以内に6演目をできるようにして世界に向けてアピールしていきます」と話していた。

島根県出身の参加者の一人は「石見神楽は世界に誇るコンテンツです」と胸を張っていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ