楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

G20に合わせ日中友好 京都で日中書画名家展展

19/07/10

世界20カ国・地域の首脳が大阪市に集結したG20に合わせ、京都市中京区の京都文化博物館で6月26―30日に「日中書画名家展」が開かれた。芸術を通して両国の友好交流を促進しようと、日本と中国の書家、画家の作品を展示した。

26日の開幕式および初日には、主催する中国人民対外友好協会の李小林会長、東アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫元首相、京都府の西脇隆俊知事、京都市の門川大作市長らが出席。日中国際文化交流協会(佐藤れい代表理事)がアテンドした着物姿の12人のモデルがテープカットに彩りを添えた。

日中書画名家展

後列に並ぶ着物姿の女性が開幕式を盛り上げた
(写真提供:堀出恒夫さん)

展示作品は、シルクロードを題材にした平山郁夫の絵画をはじめ、京都在住の書家・坑迫伯樹さんや中国書法家協会の蘇土澎さんの書など約120点が展示された。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ