楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ものづくり王国・愛知の産業観光「醸造ツーリズム」を考える 日観振中部と名古屋商工会議所がフォーラム/愛知

19/11/18

日本観光振興協会中部支部と名古屋商工会議所は12月9日、名古屋市中区の同会議所で「産業観光フォーラム」を開く。テーマは、ものづくり王国・愛知の伝統産業をフィーチャーした「『醸造文化』を愉しもう!」。

醸造業が盛んな愛知県ならではのツーリズムの魅力について考える。全国産業観光推進協議会会長の須田寛さんが「令和の産業観光の新しい光、“醸造”というテーマ」について報告を行い、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんが「今、話題上昇中! 日本と世界の“発酵ツーリズム”」を演題に基調講演を行う。半田市観光協会や八丁味噌メーカー・カクキューからの産業観光についての事例報告も。

時間は13時30分―16時30分。参加は無料。定員は150人。参加申し込みは12月4日まで。申込書は日観振HP(http://www.nihon-kankou.or.jp/home/)から入手できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ