楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8月24日は外交官、陸奥宗光の命日 和歌山市岡公園に像

19/08/24

8月24日は、明治の外交官、陸奥宗光の命日。和歌山市に紀州藩氏の六男として生まれ、武士として江戸末期を生き、明治期以降は外交官、外務大臣となる。東京北区で、53歳で亡くなり、お墓は神奈川県鎌倉市の寿福寺にある。

銅像が外務省と和歌山市若山城址公園に隣接する岡公園にある。

和歌山市・記念碑公園「岡公園」の陸奥宗光像

外務省の外交資料Q&Aには、陸奥宗光像の建立の由来について、「日清戦争や条約改正といった難局に、外相として立ち向かった陸奥宗光の業績を讃え、各界の基金により1907年(明治40年)、外務省内に銅像が建立されました。しかし1943年(昭和18年)、戦時金属回収により供出されました。その後、同外相の没後70周年に当たる1966年(昭和41年)に再建されました」と書かれている。

江戸幕府が、安政5年(1858年)にアメリカ合衆国、ロシア、オランダ、イギリス、フランスと結んだ通商条約(安政五カ国条約)は、相手国にとって治外法権であったことや、日本に関税自主権がなかったことなど、日本が一方的に不利な不平等条約だった。

陸奥は外務大臣として不平等条約の改正を実現した。

陸奥宗光については、学校で習った覚えがなく、遠い昔に読んだ、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で、海援隊の仲間として、やがて優秀な外交官となる若者として名前を知った。

外務省に銅像の写真を撮りに行きたいと問い合わせると、交換は電話を会計課管理室に回してくれた。像は外務省の財産として管理されているのだろうか。

命日の記事に写真を載せたいからと、こちらのお願いに電話の相手は、申請してもらって、許可できるかどうかの回答にどのくらいかかるか分からず、まあ1週間とかはかかるという説明で、それでは命日の記事には間に合わないので諦めると伝える。間際にお願いしたのは、こちらの勝手な都合だから。

質問だけさせてもらい、入省のときに陸奥宗光について訓示を聞いたことはなく、命日に献花の予定はなく、この数年献花などはなく、陸奥宗光についての感想もないとのこと。

銅像まであるからと、独りよがりに想像していた、「ミスター外務省」なんて話しはなかった。

電話の人に、国内広報室があると教えてもらい、改めて電話をかけなおすと、感じのいい女性が出て、銅像の写真を撮りたいとのお願いに、「少しお待ちください」。しばらく待って、「もう少しお待ちください」とわざわざ中間報告もくれて、それでも待っていたのは1-2分程度だけど、突然、男性が出て、「はい。さっきの問い合わせの人ですか」と会計課管理室に電話は回されていて、「国内広報室では対応しないそうです」。

生誕地、和歌山市に画像を依頼

和歌山市にある岡公園の陸奥宗光像の写真をもらおうと、和歌山市役所観光国際部和歌山城整備企画課に問い合わせると、「明日の掲載じゃ時間がないですね」と、指示された申請書を送ると1時間ほどで画像のメールと、メールを送ったと伝える電話をもらった。

生誕地は温かい。

陸奥宗光像は、幕末から明治にかけての中心地の1つ、長州、山口県下関市の日清講和記念館にもある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ