楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

釧路駅開業120年など周年相次ぐ JR北海道、4月3・4日に記念イベント

21/03/12

JR北海道釧路支社は今年度、管内で多くの周年を迎えることから4月3、4日、釧路駅で記念イベントを開く。貴重な車両展示をはじめ様々な企画で長年の利用への感謝を伝える。

花咲線全通100周年、釧網線全通90周年、釧路―白糠開通120周年、石勝線開通40周年、釧路駅開業120周年と管内だけでもこれほど多くの周年を迎えることに。

1番ホームでは、管内で運転を続けてきたキハ40形気動車を北海道内各線区で活躍した国鉄一般気動車標準色としてお披露目。昭和30―50年代の塗装で懐かしのムード一色に。国鉄一般気動車標準色塗装車両に「地球探索鉄道ラッピング」「ルパンラッピング」「流氷(白)ラッピング」車両を連結してのお披露目で、車内にも入ることもできる。

公開時間は11時40分ころから12時50分ころまで。見学には入場券または乗車券が必要で、入場券を購入しホーム内に入場した先着100人に「釧路駅開業120周年記念バッチ」もプレゼントする。

コンコースでは道東地域の物産展や釧路駅開業 120 周年記念スタンプの設置、駅2階のステーションギャラリーでは管内地域の観光情報の阪神、鉄道模型大運転会、懐かしの鉄道グッズや写真の展示、キッズコーナー、地元高校生による吹奏楽、蝦夷太鼓による演奏会なども開く。

時間は両日とも11―16時。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ