楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アドベンチャーワールド、ジェンツーペンギン・ケープペンギンの赤ちゃん誕生!

19/11/19

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は18日、 ジェンツーペンギン・ケープペンギンの赤ちゃんが誕生したと発表した。動物園にまた新たな仲間が誕生し、訪れた人たちとの輪を広げる。

ジェンツーペンギンの親子(2019年11月12日撮影)

ジェンツーペンギンとケープペンギンは、 産卵後約40日間両親が交代で大切に卵をあたため、 無事孵化に至った。どちらの赤ちゃんも親鳥から赤ちゃんへの給餌も確認できており、 順調に成長している。 ペンギン王国2階・アニマルランド横ケープペンギン展示場にて子育ての様子を公開中。 ケープペンギンは同エリアで現在卵を温めているペアもおり、11月中旬から下旬にかけて誕生予定だ。

ケープペンギンの親子(2019年11月14日撮影)

ジェンツーペンギンの赤ちゃんについて

ジェンツーペンギンの赤ちゃん

■1羽目
孵化日:11月6日(水)
孵化体重:99g
孵化日数:39日間

■2羽目
孵化日:11月7日(木)
孵化体重:101g
孵化日数:36日間

■3羽目
孵化日:11月10日(日)
孵化体重:110g
孵化日数:36日間

■公開場所:ペンギン王国2階
■公開時間:開園から終日見れる。
※親鳥の体で赤ちゃんが見えにくい場合がある。
※3羽とも性別は不明。 生後1年ごろ血液検査にて判別する。

ケープペンギンの赤ちゃんについて

ケープペンギンの赤ちゃん

■孵化日 :2019年11月3日(日)
■孵化体重:64g
■孵化日数:42日
■公開場所:アニマルランド横ケープペンギン展示場
■公開時間:開園から終日見れる。
※親鳥の体で赤ちゃんが見えにくい場合がある。
※性別は不明。 生後1年ごろ血液検査にて判別する。

現在見れる5種類のペンギンの赤ちゃんたち

ペンギンの赤ちゃんたち

動物園では、今回誕生したジェンツーペンギン、 ケープペンギンの他、 エンペラーペンギン、 キングペンギン、 キタイワトビペンギンの赤ちゃんを見れる。

■エンペラーペンギン
誕  生:10月1日
体  重:3600g
公開場所:海獣館2階

■キングペンギン
誕  生:7月14日、 24日
体  重:15kg、 13kg
公開場所:ペンギン王国1階

■キタイワトビペンギン
誕  生:10月31日
体  重:526g
公開場所:ペンギン王国2階

※体重は11月15日現在

アドベンチャーワールド ペンギンプロジェクトについて

アドベンチャーワールドでは、 1978年の開園時にフンボルトペンギンとキタイワトビペンギンの飼育を開始し、 1990年から自然界で暮らすペンギンコロニー(繁殖群)を再現すべく、 「ペンギンプロジェクト」として本格的に飼育・繁殖研究に力を注いできた。 アデリーペンギン、 ヒゲペンギン、 ジェンツーペンギン、 キングペンギンと繁殖実績を積み、 1997年に世界最大のペンギン、 エンペラーペンギンの繁殖研究を開始した。
ジェンツーペンギンは1994年、 ケープペンギンは1998年に初めて繁殖に成功して以降、 毎年繁殖に取り組み、 たくさんの赤ちゃんが誕生している。

ジェンツーペンギンとは

■分 類:ペンギン目ペンギン科

■学 名:Pygoscelis papua

■英 名:Gentoo Penguin

■生息地:南極大陸周辺

■寿 命: 約 20 年
■食 性:アドベンチャーワールドではシシャモなどを与えている。
■繁 殖:小山や小高い丘の上に小石や枝などで巣を作り、 オス・メス交代で抱卵する。
■特 徴:ヘアーバンドをしているうな模様が特徴で、 好奇心がとても旺盛だ。
体長:75cm  体重:4~6kg

ケープペンギンについて

■分 類:ペンギン目ペンギン科

■学名:Spheniscus demersus

■英 名:Cape Penguin

■生息地:アフリカ南部沿岸

■寿 命:15~20年
■食 性:アドベンチャーワールドではシシャモなどを与えている。
■繁 殖:一夫一婦で、 巣はトンネルを掘ったり、 地表面につくったりする習性がある。
決まった繁殖期はないが、 繁殖期には主に海岸の岩場で岩の割れ目などに巣を作り2個の卵を産む。 抱卵はオス・メス交代で行う。
■特 徴:アフリカに生息する唯一のペンギンであり、 足が黒いことから「ブラックフットペンギン」や鳴き声がオスのロバに似ていることから「ジャッカスペンギン」の別称を持つ。
体長:63cm 体重:3~4kg

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ