楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JSTA 「コロナ時代のスポーツイベント」、11月6日にセミナー 

20/10/13

日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA)は11月6日、「Withコロナ時代のスポーツイベント最前線」をテーマにオンラインセミナーを開く。

プロの野球やサッカー、バスケットボールなど、段階的に観客数を引き上げる動きがある一方で、これからマラソンシーズンを迎える市民マラソン大会では、開催の中止・延期、定員の縮小、参加費の増額など、主催者側には難しい意思決定が求められている。

今回のセミナーではコロナ禍で早期にリアルイベント開催に踏み切ったルーツ・スポーツ・ジャパン代表の中島氏と、10月に開幕を迎えたBリーグの宇都宮ブレックス代表の藤本氏を招き、「する」「見る」両軸の観点で、Withコロナ時代のスポーツイベントについて話しを聞く。

ルーツ・スポーツ・ジャパンは全国各地でサイクルツーリズム事業に取り組んでいる。アプリを活用したイベントの開催が評価され今年の「ジャパン・ツーリズム・アワード」では「デジタル活用賞」を受賞している。

セミナー参加料は一般1000円、JSTA会員は無料。定員は500人。申し込み締め切りは11月6日。参加は専用サイト(https://peatix.com/event/1664867)から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ