楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東中国エリアの組織 白兎会、抜本的な改革を推進

23/03/29

鳥取県観光関係案内所連絡会「白兎会」は2月16日、大阪市中央区のアークホテル大阪心斎橋で2023年度定時総会を開いた。

松永泉会長代理(砂丘会館)を会長に選任するとともに、白兎会創立50周年を経たことを機に、名称変更も含めて抜本的に改革していくことを決めた。

白兎会は1972年7月に設立。大阪などを拠点としていた鳥取県内の旅館ホテル案内所(営業所)を中心に活動してきた。ただ、旅館ホテル案内所が年を経るごとに減少し、これまでも鳥取県のみならず島根県や岡山県の観光施設なども会員としていた。

松永会長は総会で「会のあり方を抜本的に変えていかなければなりません」と述べ、東中国エリアの観光事業者を会員とすることを提案。会の規模を拡大することで鳥取・島根・岡山の周遊観光を旅行会社に働きかけていく団体としていく考えを示した。

また、本来は2022年に開催予定だった50周年事業についても、島根県と岡山県大阪事務所の協力を得て商談会を実施したい旨を話し、承認を得た…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ