楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ヘルシンキ訪問③ 長く暗い冬があっても「世界一幸せな国」 

20/02/11

2019年に外交関係樹立100周年を迎えた日本とフィンランド。訪ねてみると、出会う景色は日本とはずいぶん違っていた。

フィンランドの人口は約550万人で、北海道(520万人)より少し多い程度の小さな国。国連の関連機関の調査では2年連続で「世界一幸せな国」に選ばれている。

ヘルシンキ市内午前10時ころ。イルミネーションは基本一日中点灯している。

最近では30代の女性が首相になり話題となった。今回のプレスツアーでも、プレゼンテーションをしてくれたフィンランド政府観光局、旅行博、商務部、フィンアヴィア(空港会社)の各責任者12人が全員女性だった。

ヨーロッパ、中東からプレスツアーに参加したレポーター10人が、全て女性だったのも新鮮だった。

ライフスタイルにも異なる景色がある。日本人が温泉を好きなように、フィンランド人はサウナがとても身近にある。

北欧の人にとって、夏の別荘を持っているは特別なことではないそうで、我々を送迎してくれたマイクロバスの運転手さんも、ヘルシンキの自宅のほかに、夏のキャビンを所有し、それぞれがサウナ付きだ。

人口550万人のフィンランドに、なんと300万のサウナがあるそうで、もちろん滞在中にフィンランドサウナを体験させてもらった。

冬は昼間でも薄暗く、その上日暮れも早く、夜が長い。こんな憂鬱になりそうな長い冬がありながら、それでも「世界一幸せな国」なのだ。女性は活躍しているし、家にはサウナがある。でもそれだけじゃないはず。

空港内のムーミンカフェ

今回、4泊5日の滞在で垣間見た景色はほんの僅かだったけど、もっと幸せの景色を見るため、今度は夏に来ることにしよう。ヴァンター国際空港のムーミンカフェの写真を撮りながら、そう思った。

文と写真 肥塚由紀子

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ