楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「うみやまむすび」でめぐる兵庫但馬「酒と海の宝箱」の旅 阪急交通社、JR西日本と10月にツアー

20/09/02

阪急交通社はJR西日本と共同で10月2―30日、観光列車「うみやまむすび」で兵庫県但馬地域をめぐるツアーを実施する。「トラピックス」商品として8月31日から申し込みを受け付けている。

ツアーは、但馬観光協議会の協力で実現。今回は「うみやまむすび」車両を「酒と海の宝箱」として運行、城崎温泉駅―浜坂駅間を往復する。車内では地元蔵元による地酒の説明や日本酒ナビゲーターの案内を受けながら、「香住鶴」「但馬」「竹泉」といった地元の銘酒の飲み比べが楽しめる。アテは地元漁港で水揚げされた海の幸。余部鉄橋「空の駅」など沿線に広がる日本海の絶景も旅を趣深いものにしてくれる。

行程は大阪発着で1泊2日。1日目は特急こうのとり、観光列車「丹波あおまつ号」を乗り継ぎ、京都府天橋立、久美浜を周遊し、城崎温泉泊。「酒と海の宝箱」乗車は2日目。

期間中は金土曜に9本設定。旅行代金は、Go Toトラベル事業の支援が適用され、大人1人2万6千円。支援適用前は4万円。募集人員は30人。

詳しくは同社トラピックスHPの当該ページ(https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=55401&p_hei=30&p_baitai=9582)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ