楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

緩やかながら改善し80.9%減 KNT―CT、9月の旅行取扱

20/11/13

KNT―CTホールディングスの9月の旅行取扱総額は前年比80・9%減の82億6500万円だった。国内旅行が各所で再開され始め、減少幅は前月からやや改善したが、Go Toトラベルキャンペーンの東京発着解禁が10月からのため効果は限定的にとどまった。

国内旅行は同71・4%減の69億6500万円。団体旅行は一般団体が同82・1%減と回復してこないが、学生団体は修学旅行の再開の動きがみられ、同64・4%減とやや回復した。全体では同58・8%減と、前月と比べるとやや客足が戻ってきた。企画旅行も同様に同79・9%減と苦しい状態が続くが、個人旅行は同67・5%減と徐々にではあるが改善傾向にある。

海外旅行は同97・6%減の3億2900万円。団体旅行は一般、学生ともにふるわず同86・7%減、企画旅行もほぼ取扱がない状態が続いている。

外国人旅行は限定的ながら往来再開が始まったことで、同98・7%減の4300万円ながら、久しぶりにプラス値に戻った。

なお、取扱額は近畿日本ツーリスト北海道、近畿日本ツーリスト東北、近畿日本ツーリスト関東、近畿日本ツーリスト首都圏、近畿日本ツーリスト中部、近畿日本ツーリスト関西、近畿日本ツーリスト中国四国、近畿日本ツーリスト九州、近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、KNT―CTグローバルトラベル、KNT―CTウエブトラベル、クラブツーリズム、ユナイテッドツアーズ、KNT商事の合算。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ