楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京北区に「青天を衝け」大河ドラマ館、2月20日オープン JTBと近ツー首都圏が共同で運営管理

21/02/15

今年の大河ドラマ「青天を衝け」の放映が始まった。主人公・渋沢栄一終えんの地となった東京都北区では2月20日、北区飛鳥山博物館内に「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」がオープンする。大河ドラマ館としては東京23区では初登場。JTBと近畿日本ツーリスト首都圏が共同で運営管理を行い、盛り上げを図る。

同館は、栄一宅があった飛鳥山の北区王子飛鳥山博物館に設置。栄一に影響を与えたパリ万国博覧会をモチーフにしたデザインを採り入れ、館内は青を基調としたデザイン。入口に配した大型スクリーンで栄一の精神を映像で伝え、パネルや撮影で使用した衣装、小道具などの展示で物語の世界観を体感できる内容になる。

渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館

館内イメージ

両社はこれまでにも大河ドラマ館を運営したノウハウを生かし、運営にあたる。JTBは入場券の販売管理、近ツー首都圏は全体的な運営業務を担当する。

同館の開設期間は12月26日まで。新型コロナウイルス感染防止のため事前予約制で、一度に入場できるのは60人までに制限する。

入場料金は大人800円(前売り・団体640円)、小中高校生400円(同320円)。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ