楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

売上高85・5%増、4四半期連続で黒字に KNT―CT・23年3月期第2四半期決算

22/11/14

KNT―CTホールディングス(米田昭正社長)は11月9日、2023年3月期第2四半期(22年4月1日―9月31日)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比85・5%増の1067億310万円、営業損益は前年同期の84億8300万円の赤字から20億2500万円の黒字に、経常損益も同59億2500万円の赤字から25億2800万円の黒字に転換。純損益も68億5300万円の赤字から25億6400万円の黒字となるなど21年度第3四半期以降は4期連続で黒字化に成功している。

旅行業務ではコロナ第7波や豪雨災害などの影響で7月以降は予約のキャンセルが相次いだが、感染対策を徹底しながら修学旅行など団体旅行、国内個人旅行の催行に努め、近畿日本ツーリスト、クラブツーリズムでは県民割やブロック割など助成金を活用したツアーの販売拡大に注力。海外旅行では5月から各方面へのツアーの販売を再開させた。新型コロナウイルスのPCR検査やワクチン接種関連業務の受託、PTA業務のアウトソーシングサービスなどにも取り組んだ。

通期の連結業績予想は、公表済の予想数値から変更はなし。売上高は2590億円、営業利益は40億円、経常利益は40億円、純利益は40億円を見込んでいる。

KNT-CTホールディングス

KNT-CTホールディングスのウェブサイト

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ