楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

前年から大幅増もコロナ前の5割程度に HIS・年末年始の海外旅行動向

23/12/01

エイチ・アイ・エス(HIS)は11月28日、年末年始(12月23日―2024年1月3日出発)の予約状況から海外旅行動向をまとめ、発表した。方面別では今年も韓国ソウルが1位。予約者数は昨年よりは大きく増加するが、コロナ前までは届かず回復は弱含みとなっている。

予約は前年同期比(調査日は11月15日)で263・8%と大幅な増加となるが、コロナ前の19年比では5割程度にとどまる。旅行先ごとに回復具合に差があり、韓国やオーストラリアのケアンズ、香港、トルコ、サイパンなどは19年を上回る。平均単価は前年比98・0%の19万2700円。燃油サーチャージの値上がりで高止まりに。

旅行先1位はソウルとなり、台北が前年7位から大きく順位を上げ2位に。定番のホノルルは3位、バンコクは4位、グラムは5位となった。そのほか、LCC就航路線かつビーチリゾートの8位セブ島、9位ケアンズがトップ10にランクイン。運航コストを抑えたい消費者ニーズと捉えた形になっている。

HIS・年末年始の海外旅行動向

年末年始海外旅行予約者数ランキング

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ