楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

全日空 10月1日から国内線用のキャンセル保険を販売

19/09/24

全日空(NH)と東京海上日動火災保険は10月1日から、NHウェブサイトで国内線用のキャンセル保険「そらもよう」の販売を開始する。搭乗予定便が悪天候により欠航のおそれがあると判断された場合に、5日前から航空券のキャンセルを可能にするもので、取消手数料と払戻手数料を補償する。両社によれば、このようなケースのためのキャンセル保険は日本では初めて。加入料金は300円から。

購入者には搭乗の5日前から、日本気象協会が気象予測に基づき算出した欠航リスクに関する情報を通知。悪天候により欠航のおそれがあると判断された場合は、航空券をキャンセルしても手数料が免除される。これまでは搭乗の直前まで、手数料免除での悪天候航空券キャンセルが可能でしたが、利用者からは「余裕をもって旅行の実施可否を検討したいので、もっと早めに取消手数料を免除できないか」などの声が寄せられていたという。

また、搭乗予定便が悪天候により6時間以上遅延したり欠航となった場合は、代替交通機関や宿泊などのための補償金として1万円を支払う。そのほか、急な出張などにより予定便をキャンセルせざるを得ない場合、目的地でのイベントが中止または延期された場合など、天候によらないキャンセルについても補償対象とする。

情報提供 トラベルビジョン

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ