楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ヴィスキオ大阪がうめきたにオープン ホテルグランヴィアの新ブランド

18/06/13

JR西日本グループのホテルグランヴィア(河合信夫社長)は6月6日、大阪市北区に新ブランド「ホテルヴィスキオ大阪」をオープンさせた。

ヴィスキオは、イタリア語で「宿の木」という意味。同社ブランドのシティホテル「グランヴィア」と宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の間に位置する上級な宿泊主体型ホテルとした。

新ホテルは、再開発が進むJR大阪駅北側の“うめきた”エリアの旧弥生会館跡地に建つ。8階建て400室で最大宿泊収容人数820人。10タイプある客室は8割以上を2人からの利用としインバウンドやレジャー客に照準を合わせる。

オープン前の5月24日に行われたオープニングセレモニーで、あいさつした河合社長は「2023年には梅田新駅ができて関西国際空港や新大阪駅からのお客様の需要も上がります。これを好機に今までにない新しいホテルを建設しました」。

ホテルヴィスキオ大阪オープン

オープニングセレモニー
でテープカット

また総支配人の山岡孝典さんは「3つのB、快適な寝心地の“Bed”、寛ぎのひとときを過ごす“Bath”、自然の中で味わう朝食“Breakfast”にこだわりました。特に朝食は、併設するレストラン『ヴェルデカッサ』でイタリア料理をメーンに、大阪名物たこ焼きや串カツといった粉もんも提供します。昼食バイキング営業も行います。ぜひご利用ください」。

ヴィスキオ大阪は、17年度の稼働率が95.8%と高稼働が続く大阪駅ナカのホテルグランヴィア大阪と情報を共有し、グループとして宿泊需要の取り込みも目指す。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ