楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新法施行後も注視 滋賀県旅館組合、民泊対応の方針示す

18/08/08

滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合(山本清蔵理事長=紅鮎)はこのほど、大津市のロイヤルオークホテル・スパ&ガーデンズで2018年度通常総会を開いた。

山本理事長は「17年度もっとも活発に活動していただいたのは民泊問題対策委員会。組合員が一丸となって動かなければならない問題で、日本旅館協会の会長でもある針谷理事の意見を伺いながら活動を進めてきた」と報告。

6月の民泊新法施行後は「次の見直しに向けて結果検証と実情監視を続けていく必要がある」と述べ、組合員へ協力を求めた。

滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合

今年度事業に、HACCP方式を取り入れた
衛生管理推進事業など17項目を決めた総会

今年度事業は▽食品衛生法改正に伴うHACCP(ハサップ)方式を取り入れた衛生管理推進事業や講習会・研修会の開催▽経営相談および設備資金のあっ旋▽旅館賠償責任保険ならびに宿泊保険の団体契約など17項目を行うことと決めた。

総会後には立命館大学社系研究機構客員研究員の柿谷康仁さんが「食品衛生法改正と旅館ホテル―時代に取り残されないためのアプローチ」を演題に講演した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ