楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「コミュニティの新たな形」浜町ホテル&アパートメント開業 安田不動産、日本橋浜町のまちづくり

19/04/04

2月15日、東京・中央区の日本橋浜町にホテルと賃貸住宅の複合施設「HAMACHO HOTEL&APARTMENTS」(浜町ホテル&アパートメント)が開業した。当地で複数のビル開発を手がける安田不動産が、日本橋浜町のコミュニティづくりをテーマにした街づくりプロジェクトの目玉施設として手がけた。3月には隣接ビルに、共用のキッチンやパブリックラウンジを設けた隣人交流型のソーシャルアパートメントもオープンさせている。

ホテルは15階建て。上層階まで壁面やテラス部が緑化されているのが印象的。客室は170室。15−47平方メートルで定員は2−3人。ダブルルーム34室、ツインルーム36室が多く、ファミリールーム8室や車イスでも利用しやすいユニバーサルルーム4室、テラス付きの部屋もある。東京タワーと東京スカイツリーを望めるテラス付き客室も。室料は1万1千円から。

浜町ホテル

壁面やテラスが緑化されている
15階建てのホテル

ホテル部分の企画、設計、運営はUDS(東京都渋谷区)が行っている。アパートは108室で、こちらは東急住宅リースが管理・運営する。ホテルの客室とアパートは、階層で分けず、同じフロアの分割された区画に配置されているのが特徴。ホテルゲストとアパート住人は同じ玄関と廊下を使い、1階部分から別のエレベーターで上部の階層へ移動する。ゲストと住民が触れ合えるソーシャルな施設という考え方が反映されている。

1階にはブルーノート・ジャパンが新業態のダイニング&バーを運営、そのほかチョコレート&カフェの店舗が入っている。隣接するソーシャルアパートメントの1階には人気ベーカリーが出店している。日本橋浜町の賑わいづくりにも一役買いたい。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ