楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オリ・パラで誘客 下呂温泉旅館組合が新年総会/岐阜

20/03/03

岐阜県の下呂温泉旅館協同組合(瀧多賀男理事長)はこのほど、水明館で新年総会を開いた。

瀧理事長は「飛騨川の大水害など多くの災害に見舞われたが、山に木を植えたりして今後の災害に対処できる取り組みを行い、地域の復興を支えてきた。そうした先人の努力により現在がある。皆で力を合わせて今後の下呂温泉と観光業界の発展に尽力したい」と述べ、今年開催される東京オリンピック・パラリンピックを生かした誘客拡大を行う方針を示した。

下呂温泉旅館協同組合

あいさつの中で、先人の努力に
敬意を示した瀧理事長

飛騨県事務所の青木一也所長は「雪不足で観光は影響を受けているものの若い女性客の評価は高まっている。今年は冬の飛騨を売っていきたい」「東京オリンピック・パラリンピックを活用して下呂温泉のPRを行う」と話した。

このあと、組合旅館・ホテルなどで勤める勤続年数が45年になる2人を含め、永年勤続従業員計112人を表彰した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ