楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本人宿泊者数は58・2%減、緊急事態宣言響き低調に 京都市の2月のホテル宿泊状況

21/04/02

京都市観光協会が発表した2月の市内68ホテルの宿泊状況によると、総延べ宿泊数は前年同月比70・0%減だった。日本人延べ宿泊者数は前年同月比58・2%減。緊急事態宣言の再発令が響いた。

日本人延べ宿泊客数は1月の同63・6減からは数字としてはやや持ち直したものの、昨年7月よりも低水準が7カ月続いている。コロナ禍以前、前々年同月比では同60・9%減。昨年2月時点では日本人の宿泊需要に大きなダメージはなかったため、前年同月比と大きな差はない。

外国人延べ宿泊客数は同99・5%減。外国人比率は0・5%に留まり、ほぼゼロの状態が11カ月続いている。

客室稼働率は1月と比べて6・1ポイント増の18・6%。客室収益指数は同66・1%減と依然として苦しいが、1月からは15・7%増とやや持ち直した。

ただ、同協会では、宿泊予約サイトの販売価格の推移から桜の時期とゴールデンウイークは客室販売価格が上昇すると見込んでいる。さらに今年は桜の開花が例年より早く、観光需要の前倒しから3月の客室稼働率が上昇する可能性を指摘している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ