楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(1)

観光地域づくりの舵取り役として期待される組織「日本版DMO」。観光庁が2015年11月に開始した候補法人登録制度には現在、全国から145法人が登録されている。登録された候補法人の現状はどのようになっているのか。日本観光振興協会が候補法人を対象に実施したアンケート調査から浮かび上がった課題は「財源」と「人材」だった。

調査は3月に行い、候補法人97団体が回答した。同協会ではDMOへの支援事業を展開しており、調査もその一環。

まず候補法人登録前の事前準備について。事前説明の実施は地元自治体や観光協会には55%が行っていたが、県内の主要観光事業者などに対しては28%に留まっており、地元全体でのコンセンサスが取れてのスタートとは言い難い。部門責任者など人材確保は21%、マーケティング戦略策定のためのデータ収集は15%のみで、人材面、戦略面についても「見切り発車」が実情のようだ。

法人を運営して大変なこと、重要課題と思うものは何か。重要度順に3項目回答する方式で、1番目に重要と回答したのは「安定的な組織運営のための財源確保」がトップ。次いで「事業運営費の確保」であり、やはり財源が現実的な課題のようだ。

3位となった「専従人員や外部組織による人的協力体制の確保」は2、3番目の重要回答としても高く、その次に回答が多かった「組織間の事業整理・役割分担」「事業実施に対する事業者や地域内の協力」も加えると、人材・組織面の課題も大きいといえる。

(次の記事)日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ