楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(2)

では、実際のDMOの事業全般についてはどうか。DMO登録前に実施していた事業について「見直した」が33%に対し、「見直していない」が42%と従前と変わらない運営を行うところが意外にも多い。

継続事業は「観光情報媒体作成」「関係主体間の調整」「国内セールス」「資金調達」など。

一方で新規事業は「マーケティング・各種調査」「政策提言・戦略立案」「旅行商品企画」などが上位となっている。課題となる財源確保へは75%が収益事業の展開を検討していると回答し、着地型旅行商品や特産品などの販売のほか、予約サイトの運営や宿泊施設の管理・運営も視野に入れている。

もう1つの大きな課題「人材」については、不足している人材の分野は全体で「データ収集」の59%がトップ。なかでも複数県にまたがる「広域連携DMO」法人はすべての法人が不足と回答した。続いて「人材育成」48%、「財務・経営分析」40%。組織を支える3部門の人材不足は今後の展開に不安を残す。

人材育成の取り組みは「研修・セミナー開催・参加支援」、「講演会開催」が高く、視察研修や実地研修、教材開発といった細かいところまでは至っていない。そのため、同協会の人材育成支援に「講師の紹介・派遣」「教材開発」「研修の共同開催」などに期待する声が大きいようだ。

人材育成への重要課題は「戦略策定やDMO活動をリードする組織の中核人材の不足」「専門知識を持ち責任者として事業を行う専門人材の不足」「事業を実施するスタッフの不足」の順で、リーダーからスタッフまでとにかく人が足りていない傾向が強い。

同協会では、調査結果を踏まえ、6月9日にDMOとDMO支援ツールを持つ企業のマッチングイベントを開催したほか、人材育成を中心に今後も支援事業を展開していくという。

(前の記事)日本版DMO、課題は「財源」と「人材」 日観協が調査(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携の一冊。近畿エリアの全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ