楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

食の観光ルート構築 大起水産グループ(1) 生産地と消費地を結ぶ

「街のみなと」から全国の漁港へ

毎月第1日曜日、大阪・天満橋の八軒家浜は朝早くから多くの人で賑わう。お目当ては新鮮な生マグロ。調理人が鮮やかな包丁さばきでマグロを解体していく。赤身やトロが刺身、寿司となってショーケースにずらりと陳列され、次々に売れていく―。

大起水産(本社・大阪府堺市)の「八軒家浜まぐろスタジアム」。大川を眺めながら、マグロをはじめ全国から直送された天然魚を多彩なメニューで味わえる人気店だ。この店の人気イベントが「天下の台所 八軒家浜市」。購入したばかりのマグロを店内で食べる人も多く、毎月必ず訪れるというファンも少なくない。

八軒家浜まぐろスタジアム

毎月第1日曜日に開催される「天下の台所
八軒家浜市」ではマグロの解体ショーも

大起水産は京阪神を中心に、寿司をはじめ水産物を扱う「街のみなと」と回転寿司店など約40店舗を展開している。創業者の佐伯保信・現代表取締役会長が1975年に堺中央卸売市場内に塩干類卸売業として立ち上げた。

青物の魚が主流だった関西で、佐伯会長が目をつけたのがマグロ。しかも店裏で作業として解体していたマグロを客前で見せることを思いついた。「マグロの解体をやっているもんだから、車が減速して興味深そうに見るんです。店の前の道路が渋滞になったほど。60坪の店で10億円を売り上げていました」と、佐伯会長は述懐する。

(次の記事)食の観光ルート構築 大起水産グループ(2) 「まぐろスタジアム」、旅行会社にアピール

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ