楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

交流人口を70万人に 観光庁、インド政府との共同活動プログラムに署名

17/12/22

観光庁は12月12日、東京都千代田区の中央合同庁舎3号館でインド政府観光省を招いて「日印観光協議会」を開き、日本・インド両国の人的交流を促進するための共同活動プログラムに署名した。2020年に交流人口70万人を目指すなど双方向の取り組みを展開していく。

共同活動プログラムは2018―20年の期間、観光庁とインド政府観光省との間で観光分野での連携を図るもの。17年9月14日に両国間で署名された日印共同声明において観光交流の促進の重要性を指摘していたことを受けて設定した。

プログラムには16年に33万人だった両国の交流人口を70万人にするという目標の達成のために、若者をはじめ観光交流の促進、年ごとのアクションプランの策定などを盛り込んだ。田村明比古・観光庁長官、ラシミ・ベルマ・インド政府観光省次官との間で覚書を取り交わした。

同協議会は、16年にインド・デリーで初開催。2回目となる今回は東京開催となり、両国の民間企業も交えて観光交流の拡大について意見を交換した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ