楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

難波葱加工し、医療従事者応援 幸南食糧や生産者がタッグ/大阪

コロナ禍で流通がままならなくなった大阪の伝統野菜「難波葱」を有効利用しようと、幸南食糧(本社・大阪府松原市、川西孝彦社長)と、地元松原市の生産者、大阪難波葱普及委員会の3者がタッグを組んだ。同社の技術を活用し、難波葱の加工食品を2万個製造。医療現場の最前線で奮闘する大阪府下の病院に寄贈した。

3者がタッグを組んで開発したのは、松原産の難波葱を使ったレトルトの「難波ねぎごはん」と「難波ねぎスープ」。

難波葱はもともと大阪随一の繁華街、ナンバ一帯で栽培されていた大阪の伝統野菜。京野菜ブランドの九条ネギのルーツ種でもある。近年、大阪難波葱普及委員会の活動もあり、松原市を中心に栽培が復活しつつある。

ただ、コロナ禍の影響でせっかく生産した難波葱にロスが生じる恐れがあった。そこで、古くから防疫対策、免疫向上につながる身体にいい野菜として知られるネギを幸南食糧の技術を活用して加工。大阪市立病院機構の十三市民病院(大阪市淀川区)、大阪精神医療センター(枚方市)、はびきの医療センター(羽曳野市)の3病院で、コロナに立ち向かう医療従事者に2万個を寄贈することにした。

難波ねぎごはんと難波ねぎスープ

難波ねぎごはんと難波ねぎスープ

地元生産者は「自分たちが作った難波葱を有効活用していただき、社会貢献できることはたいへんうれしくありがたく思っています」。幸南食糧が2018年に設立した地域活性化研究所では「今後も全国各地の農産物を6次産業化し、地域活性化を促進するため、企画から開発、販路までサポートしていきたい」と話している。

難波葱普及委員会、幸南食糧の皆さん

大阪の伝統野菜「難波葱」の商品開発に関わった
普及委員会、幸南食糧の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ