楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

白黒、カラフルな世界の映えスポットが誕生 ゆのくにの森、元旦に「モノクロカラー」をオープン/石川

23/12/26

加賀伝統工芸村ゆのくにの森(石川県小松市、加賀温泉郷)は2024年1月1日、古民家の外観を白と黒、外観をカラフルに彩った空間が楽しめる「モノクロカラー」をオープンする。新たな写真映えするスポットの誕生で、2024年春の北陸新幹線石川県内全線開業と北陸デスティネーションキャンペーンで盛り上がりが期待される地元観光に彩りを添える。

「モノクロカラー」は、内部が白黒、外部がカラフルという対照的な世界を古民家に表現。白黒の世界では床の間や木格子などが白と黒のみの彩色で、まるで漫画の世界のよう。吹き出しも用意されており、写真撮影を楽しめる。カラフルな世界にはピンクの壁と黒猫のシルエット、天使の羽、浮かぶ白いハートが色の世界に映える。

ゆのくにの森

床の間も白黒に

場所は3月―11月末に設置される「アンブレラスカイ」に隣接した彩り長屋。アンブレラスカイの期間外でも年間を通して楽しめる写真撮影スポットとなる。

利用料は同村入村料金のみで、別途不要。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ