楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go To トラベル 7月22日以降の旅行から対象に、観光庁が発表

観光庁は7月10日、国内観光需要促進キャンペーン、「Go To トラベルキャンペーン」の事務局にJATA(日本旅行業協会)、ANTA(全国旅行業協会)、日本観光振興協会、JTBなど旅行・観光団体と事業者で構成するツーリズム産業共同提案体に決めたと発表した。事務局公募に対して5つの団体が応募していた。

事務局決定と同時にキャンペーン開始時期についても公表。7月の4連休前の7月22日以降の旅行から割引を開始する。7月22日以降の旅行をすでに予約している場合は、旅行後に事務局に申請書を提出することで割引分を還付する。

事務局のウェブサイトや宿泊施設などで申請書を取得し、領収書と宿泊証明書を添えて、郵送またはオンラインで提出する。

7月27日から旅行業者、予約サイト、宿の直販でも準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売を開始する。

地域共通クーポンについては開始時期を遅らせる。9月1日以降に開始日を発表する。クーポンの使用エリアや期間については、旅行先の都道府県と隣接都道府県で、旅行期間中に限って使用できるものにする。

Go To トラベルキャンペーンは、1回の旅行費用の半額を上限に、最大2万円まで補助する、総額1兆3500億円の大規模な国内旅行需要喚起事業。補助は7割を旅行商品や宿泊代金に、3割を旅行先で使える地域共通クーポンの配布にあてる。日帰り旅行についても1万円を上限に補助する。。

地域共通クーポンの発行を遅らせることから、当初は旅行代金等部分についての割引となり、旅行代金の半額の7割で、35%の割引になる。

事務局公募には5団体が応募。7月3日に経産省会議室で開いた企画競争委員会でヒアリング、7月7日に国交省会議室で委員8人による評価と審査を行い選定した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ