楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ここ滋賀 来館100万人を突破、この秋はスカーレット

19/09/26

滋賀県の東京アンテナショップ、「ここ滋賀」(東京都中央区日本橋)の来館者が、9月23日、当初の見込みより5カ月早く、2周年を前に100万人を達成した。

2017年10月にオープンした「ここ滋賀」は、日本橋と銀座を結ぶ中央通りと永代通りの2つの通りに面し、正面は複合商業施設コレド日本橋という立地。高層ビルの一角にポツンと建つガラス面の多い新築3階建てが目を引く。

1階は滋賀の特産品や伝統工芸品などのマーケットと地酒バーが入り、食や酒の魅力で滋賀への来訪を促す。地酒バーでは県内33の酒蔵の地酒が楽しめる。

10月17日まで、新米フェアを実施中で、滋賀のおいしいお米をアピールする。

2階のレストラン「日本橋 滋乃味」では、近江牛のほか鮒ずしや鯖ずし、鮒ずしの「漬け床」として使った米「飯(いい)」を使った料理など、滋賀フードを中心に、琵琶湖産の魚を使った料理も多くそろえている。

焼物の里・信楽舞台のNHK連続テレビ小説始まる

9月30日からは、滋賀県甲賀市の焼き物の里・信楽を舞台にした、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の放送が始まる。ここ滋賀でも、スカーレットにまつわる観光情報の発信に力を入れ、来訪を呼びかけている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ