楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ休業3回目の週末 箱根は屋内観光施設も営業中

20/03/14

新型コロナの影響で、東京ディズニーランドやUSJ、美術館や劇場など多くの施設やイベントが休業・休止してから3回目の週末となる、3月14、15日の土日曜日。東京周辺で営業している観光施設を再度探してみた。

神奈川県箱根町には営業している施設が多い。彫刻の森美術館、岡田美術館、ポーラ美術館、ガラスの森美術館、北原おもちゃミュージアム、星の王子さまミュージアムなどが営業している。

静岡県熱海市のMOA美術館、熱海城も開館している。

太郎とバンクシーは休まない

屋内施設では、先週末にも紹介した、反骨の芸術家、岡本太郎の作品を展示している東京・表参道の岡本太郎記念館は開館している。同様に岡本作品を展示している神奈川県川崎市・生田緑地の「川崎市 岡本太郎美術館」も開館していた。

川崎市岡本太郎美術館の赤の部屋

ただ、同じ川崎市の施設でも「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」は臨時休館している。

横浜市では反逆のストリートアーティスト、バンクシー展が、予定通り3月15日から始まる。この週末、太郎とバンクシーの作品めぐりができる。

東京タワーやオープンしたばかりの渋谷スカイは引き続き営業中。

屋外施設で休園することなく営業しているのは、東京の多摩動物園や井の頭自然文化園(動物園)のほか、新宿御苑や清澄庭園などの屋外庭園、公園は開園する。

マザー牧場では赤ちゃんヒツジが次々誕生

テーマパークは千葉県富津市のマザー牧場や市原ぞうの国、神奈川県のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストは営業している。マザー牧場ではヒツジたちが出産の季節で、赤ちゃんヒツジが次々誕生。菜の花畑も見ごろを迎えている。

多くの施設がイベントを休止するなか、相模湖フォレストでは3月13日から、さがみ湖桜まつりが始まった。4月19日まで。

営業する施設は、いずれも来場者に体調の確認や咳エチケットの徹底を求めたり、施設側としてスタッフのマスク着用や手洗いの徹底、アルコール消毒液の十分な配置や、屋内施設では換気の強化など、安全対策を強化している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ