楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

鴨川シーワールド 6月1日に再開、シャチの仕上がりも上々

20/05/27

千葉県鴨川市の鴨川シーワールドは、6月1日から営業を再開する。当面、来園者を千葉県民に限定するほか、一部施設の閉鎖や、動物のパフォーマンスを縮小する。

千葉県民限定の開園であることを、駐車場周辺に掲示するほか、チケットゲートでも口頭で確認する。

感染予防策としては、入口のサーモグラフィで検温し37・5度以上の場合は、入園を断る。園内ではマスクの着用を要請する。

同園で人気の海の動物パフォーマンスは、屋内が会場となるベルーガのショーは休止する。そのほかシャチ、イルカ、アシカのショーは、1回の演技時間を通常の20分から15分程度に短縮し、それぞれ1日2回程度行う。

同園ではコロナウイルス感染拡大に伴い、3月4日から休業し、途中10日間程営業を再開したものの、4月4日から再度休業。休業期間は合計で79日間に及ぶ。

同園の目玉でもあるシャチのショーについて、長期休業後のパフォーマンスは気になるところ。同園に聞くと、「動物たちは演技を忘れることはありません。ただ、健康チェックのためトレーナーが、毎日1回、時間を決めてパフォーマンス続けています」。動物たちは休業中を、ただ、休んで過ごしているわけではないそうだ。

シャチの迫力あるパフォーマンス(過去の画像)

では、休業中の無観客パフォーマンスについて、シャチがなにか違いを感じているを尋ねると、「それはトレーナーに尋ねてみないと、分かりませんね」との答えだった。

夏に向け、シャチのショーで最も盛り上がる演技の1つが、シャチが尾や体全体を使い、観客席に豪快に水しぶきを飛ばす、ウォータースプラッシュ。

ショーに取り入れるかについては、「お客さんが客席の上部に逃げて、密ができてしまうことが考えられますので、状況を見ながらの演技構成になると思います」と、まずは感染防止が最優先になる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ