楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行意欲の二極化進み5.0%減の5兆1315億円 4-6月の旅行消費

18/09/05

観光庁が発表した4―6月期の日本人の旅行・観光消費動向調査結果(速報)によると、国内旅行消費額は前年同期比5.0%減の5兆1315億円だった。旅行者数の大幅な減少が直結した。

国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は同3.2%減の3兆8809億円、日帰り旅行消費額は同10.0%減の1兆2506億円。

国内延べ旅行者数は同13.4%減の1億4752万人と大きく減少。内訳は宿泊旅行の旅行者数が同11.6%減の7049万人、日帰り旅行の旅行者数が同14.9%減の7703万人。観光業界にとって厳しい春になった。

ただ、旅行1回あたりの旅行単価は同9.7%増の3万4784円と大きな伸び。宿泊旅行が同9.5%増の5万5056円、日帰り旅行は同5.8%増の1万6234円だった。旅行人数の減少に対し単価は増えており、旅への消費意欲の増加、高級化が進む。旅に出る人と出ない人の二極化が進展しているようだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ