楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行意欲の二極化進み5.0%減の5兆1315億円 4-6月の旅行消費

18/09/05

観光庁が発表した4―6月期の日本人の旅行・観光消費動向調査結果(速報)によると、国内旅行消費額は前年同期比5.0%減の5兆1315億円だった。旅行者数の大幅な減少が直結した。

国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は同3.2%減の3兆8809億円、日帰り旅行消費額は同10.0%減の1兆2506億円。

国内延べ旅行者数は同13.4%減の1億4752万人と大きく減少。内訳は宿泊旅行の旅行者数が同11.6%減の7049万人、日帰り旅行の旅行者数が同14.9%減の7703万人。観光業界にとって厳しい春になった。

ただ、旅行1回あたりの旅行単価は同9.7%増の3万4784円と大きな伸び。宿泊旅行が同9.5%増の5万5056円、日帰り旅行は同5.8%増の1万6234円だった。旅行人数の減少に対し単価は増えており、旅への消費意欲の増加、高級化が進む。旅に出る人と出ない人の二極化が進展しているようだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ