楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

最先端コンテンツインキュベーター 地方へ訪日客の流れ、観光庁がモデル事業を募集中

19/03/26

観光庁は4月15日まで、2019年度の「最先端観光コンテンツ インキュベーター事業」のモデル事業の実施者の募集している。

同事業は地域の文化や自然を生かした新たな体験型観光コンテンツを開拓し訪日外国人客のニーズを満たし地方への誘客促進、消費額のアップを図ろうというもの。同庁の調査事業の一環として経費を負担する形でモデル事業を展開し、成果を検証、ビジネスモデルとして確立を目指す。

対象は地方自治体や民間で組織する協議会で、DMOが含まれることを望んでいる。公募領域は2つで、「日本に足りない着地型コンテンツの充実」は自然体験やビーチの活用、祭事の活用など。もうひとつは「滞在型の旅行形態に個別のコンテンツを掛け合わせることによる滞在の高付加価値化」。

事業規模は1件あたり税込1500万円。

問い合わせは同庁観光資源課 電話03―5253―8111。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ