楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

令和元年の年代別旅行事情調査 Stayway調べ、旅行情報はSNSで入手

19/08/30

実名型旅メディア「Stayway」を運営するStaywayは30日、 令和元年の年代別の旅行事情を徹底調査し、 そのトレンドを紹介する特集ページ( https://media.stayway.jp/travel-survey2019 )を公開した。

参考1

SNSがトレンドを図る媒体に

新元号「令和」の時代を迎えた2019年、 旅行業界の市場規模は引き続き右肩上がりで成長を続けている。それとともに、 ユーザーの旅行スタイル、 旅行に求める体験は多種化し、 観光プラン・宿泊施設を決める際に参考にする媒体もより多様になっている。その中でも顕著な傾向が、 InstagramをはじめとするSNSの台頭だ。今回のアンケートでも、 20代の男女を中心に、 SNSの投稿を旅行計画の参考にし、 旅行先での体験をSNSでシェア・発信する、 という人の割合が増加していることが明らかになった。

参考2

参考3

参考4

「旅行情報の収集方法と宿泊予約の意思決定を年代別に徹底調査した。令和世代の旅行は、Instagramが不可欠に」と同社は分析する。

調査概要

目的:旅行に興味を持つStaywayのユーザーが、 旅行プランをどのように情報収集し、 宿泊予約の決定をしているか、 その消費動向とSNSとの関連性を把握する。

期間:2019年7月1日(月)~7月26日(金)
方法:インターネット調査。 Staywayのサイト上に及びSNS上にアンケートページを設置。
対象:Staywayユーザー。 有効回答数117人

stayway URL:https://stayway.jp/

特集ページ URL:https://media.stayway.jp/travel-survey2019

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ