楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

抽選で2万円分の宿泊券が当たる/和歌山県田辺市「たな旅」CP

20/10/22

和歌山県田辺市は10月26日から、市内対象施設で使える2万円分宿泊券が抽選で当たる「たな旅キャンペーン」を始める。新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ観光需要の喚起と地域経済の活性化を図るため、全国からの観光誘客をはかる。

キャンペーンの応募期間は10月26日から11月20日まで。日本国内在住者(田辺市民も可)であれば専用サイトまたはハガキで応募できる。11月下旬に抽選し2千人に、田辺市内対象宿泊施設で使える宿泊券2万円分(5千円4枚つづり)をプレゼントする。当選の発表は、当選者への宿泊券の発送のみで行う。

専用サイトは10月26日9時にオープン。ハガキは住所・氏名(フリガナ)・生年月日(西暦)、性別、電話番号、メールアドレスを記入し、〒646-0031和歌山県田辺市湊1―20・田辺市観光センター内「田辺市熊野ツーリズムビューロー『たな旅キャンペーン係』」まで。

抽選で当たった宿泊券は、12月1日から2021年2月28日(3月1日チェックアウト)まで利用できる。Go Toトラベルキャンペーンとの併用は、現地払いの場合のみできる。

たな旅キャンペーンは当初、8月から予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大状況から実施時期を見合わせいた。

田辺市では現在、市内の自然や歴史、熊野古道、食などを撮影したフォトコンテストも開催している。11月30日までを第1期、12月1日から21年3月7日までを第2期とし、それぞれ5人に5千円相当の特産品をプレゼントする。

なお、10月26日から応募フォームが公開される「たな旅キャンペーン」専用サイトのURLは、https://www.tb-kumano.jp/tanatabi

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ