楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪・関西万博ロゴマーク最終候補5作品 意見を公募

20/08/06

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の公式ロゴマークの最終候補作品が5つに絞られ、日本国際博覧会協会は8月3日から候補作品への意見募集を始めた。11日まで候補作品に対する意見を一般募集し、最終的には選考委員会(安藤忠雄座長)が8月下旬にも発表する。

公式ロゴマークは2019年11―12月に公募。選考委員会が応募作品5894件の中から5作品に絞った。作品は、循環する線の動きで「未来社会を創り出す活力・動力」を表現した作品や、色も形も異なる世界の多様性を「輪」と「うねり」で表したものなどがそろった。

expologo

最終候補の5作品を紹介する石毛事務総長

3日の記者会見で協会の石毛博行事務総長は「5作品とも『いのち輝く未来社会のデザイン』の万博テーマコンセプトを適切に力強く表現されている。大阪・関西万博は国民一人ひとりがつくるもので、ロゴマークに対する意見も万博に参加する第一歩です」と話し、多くの意見が寄せられることを期待していた。

意見の応募は、ロゴマーク公募サイト(https://logo.expo2025.or.jp)から。

大阪・関西万博は2025年4月13日から10月13日まで184日間、大阪市臨海部の夢洲で開催される。期間中、約2820万人の入場者を想定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ