楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪直案会、「倍返しだ!」を誓う定例会

20/09/15

大阪直営案内所連絡協議会(大阪直案会、谷口昇幹事長=山村別館)の32期第3回定例会が7月30日、大阪市浪速区の大阪市立難波市民学習センターで開かれ、26人が参加した。

今回の定例会も大阪直案会恒例の旅行業関連のゲストを招へい。日本旅行業協会(JATA)関西事務局の津留敦徳事務局長を招いた。

津留事務局長は近畿日本ツーリスト出身。同社で活躍していた半ばに病に倒れ90キロあった体重が40キロに激減。その後病を克服し職場に復帰、団体旅行などで実績を残した自身の営業経験や、JATAの役割・活動について説明した。

コロナ禍で大変な状況にある海外旅行については「うつらない、持ち込まない」ための海外旅行用ガイドラインの作成やオンライン商談会を実施していることを報告。「苦戦にあえぐ観光業界だがコロナワクチンの完成・利用・普及までネガティブにならず、ポジティブな考えで新型コロナウイルスに『やられたらやりかえす! 倍返しだ!』との思いで頑張りましょう」と呼びかけた。

情報交換会では参加者が3グループに分かれてディスカッション…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ