楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「商売の中心は大阪」 大阪府旅行業協会、世界イベントを契機に気勢/旅行業総会

19/06/28

一般社団法人全旅協大阪府旅行業協会(吉村実会長=歓喜旅行サービス)と株式会社オーサカ・ゼンリョ(岡本浩史社長=日本トラベルサービス)は6月3日、大阪市浪速区のホテルモントレグラスミア大阪で定時総会、株主総会を開いた。役員改選では吉村会長、岡本社長を再選した。

協会の総会であいさつした吉村会長は「前年度は19社が入会しました。訪日旅行を手掛ける会社が主ですが、東京では74社が入会したと聞いています。東京への一極集中が進む中、大阪では今月末のG20をはじめ世界にアピールできるイベントが目白押しです。2025年の万博に向けて、我々業界もその流れについていきたい。政治の中心は東京ですが、商売の中心は大阪だと知らしめたい」と話した。

役員改選では吉村会長をはじめ三役は留任。新しい理事に中山雅博さん(いすゞ旅行)、新しい監事に田口智恵さん(平和旅行社)が就いた。

オーサカ・ゼンリョの株主総会では、岡本社長が「今年中にホームページを立ち上げます。タイムリーな情報を掲載し、皆さまの業務向上に資することをしていきたい」と話した。

大阪府旅行業協会

オーサカ・ゼンリョは年内に
ホームページを立ち上げる

このあとオーサカ・ゼンリョ協力会(同会総会はトラベルニュースat7月10日号に掲載)も加わり懇親会を開催した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ