楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

前年比9%増で盛況、福岡県が人気急上昇 じゃらん夏の旅行予約動向

19/07/01

リクルートライフスタイルの旅行情報誌「じゃらん」は6月27日、今夏の国内旅行動向を発表した。7月13日―8月31日の旅行人泊数は前年より9%増で、旅行のピークは8月11日の「山の日」。GW10連休があった影響で夏は旅行控えが見られそうという見方もあったが、まずまず盛況の夏となりそうだ。

人気の都道府県別旅行先は、1位北海道、2位沖縄県、3位東京都、4位静岡県、5位千葉県、6位大阪府、7位長野県までが前年と変わらず。8位には昨年はトップ10外だった福岡県が入った。じゃらんによると、イベントの開催やホテルの新設、「令和」幕開けで太宰部人気が続いていることが好調の要因という。

調査は、6月7日時点での「じゃらんnet」予約人泊数から算出。対象期間は7月13日―8月31日。

また、旅行トレンドについて実施したアンケート調査では、「朝・夜観光」に注目。旅先で朝・夕方以降限定の観光やアクティビティがあるなら活用したいかという問いには、「朝時間を活用したい」が49・1%、「夜時間」が42・7%、「どちらも」が27・4%、「活用したくない」が35・6%。朝・夜ともにほぼ半数が意欲を持っており、理由は時間を有効に使いたい、昼は暑すぎるなど。近年朝・夜の体験が増えているが、ニーズは十分といえる。

「じゃらんnet」の「遊び・体験予約」の実績では、朝に人気の体験ランキング1位は「熱気球」、夜はクルーズ・クルージング」だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ