楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域の遊休資産を磨く 関西JTBたびネット会が新年互礼会、百戦錬磨上山社長が講演(2)

20/02/28

さらに、国の施策として欧米豪のプロモーションに特化しており、成熟した欧米豪市場も長期滞在や地域文化との触れ合いを求めていることを強調。受け皿としてカントリーサイドステイ(農村滞在)を誘致する取り組みが重要だと訴えた。

その一例として上山社長が挙げたのは、昨年実施した長崎県の平戸城に宿泊する取り組み。「無料で宿泊できると募集したところ7500通の応募があり、その半数以上が欧米の観光客だった。そのあと平戸に多くの欧米人観光客が訪れるようになり、一気に観光客数が増えた。現在、平戸城の一部をスイート仕立てで泊まれるよう改装中で東京オリンピックが始まるまでには宿泊できるようになる」とし、今年は城や寺など文化財に泊まることのできる年になると展望。新しい価値観でこれからの日本の観光業を盛り上げていこうと呼びかけた。

このあと新年互礼会であいさつした神田会長は「我々はこれまで地域のお客様を外に連れ出すことがメーンだったが、地域はどのように観光客を受け入れていいのか迷っているケースが多いように思う。世界や国内を飛び回っている我々の知識を地域に還元し、地域との信頼関係を築いていくことが生き残っていける道だと思う。受入施設の皆さんと連携し、JTBたびネット会の発展に努めたい」と話した。

(前の記事)地域の遊休資産を磨く 関西JTBたびネット会が新年互礼会、百戦錬磨上山社長が講演(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ