楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウィズコロナで「Go Toわかやま12湯」 トラベルニュース友の会キックオフ(1) 6人の若女将が温泉アピール

20/08/02

和歌山県内の温泉地や協同組合和歌山県旅行業協会などでつくる「わかやま12湯推進協議会」とトラベルニュース社の交流団体「トラベルニュース友の会」は7月13日、大阪市北区の大阪市中央公会堂で、12湯の魅力を発信するイベント「GoToわかやま12湯」を開きました。各温泉地の若女将による座談会や旅館宿泊券が当たる抽選会などを通して、参加した一般客約200人に各温泉地の魅力と旅の楽しさを伝えました。

イベントは、トラベルニュース友の会のキックオフとして企画。和歌山県内にある12の温泉地が集い、4月に推進協議会が発足した「わかやま12湯」の魅力を大阪・関西へ伝えようと、和歌山県や協同組合和歌山県旅行業協会などの協力で開催しました。

当日は新型コロナウイルス感染拡大への対策を徹底。500人収容の会場に、参加した一般客は200人と三密回避の対策をとり、受付時には検温を行い、消毒液の利用も呼びかけました。

GoToわかやま12湯

ソーシャルディスタンスを守る参加者

イベントの冒頭、仁坂吉伸・和歌山県知事のあいさつを、県商工労働部観光局の中島寛和局長が代読。「コロナで大変ですが、県の観光施設は安全・安心、準備万端で旅行者をお迎えします。外出自粛でたまった疲れを、古から伝わる『蘇りの地、わかやま』で癒してください。お待ちしています」とのメッセージを届けました。

12湯若女将座談会には、加太淡嶋温泉・大阪屋ひいなの湯若女将の利光真希美さん、白浜温泉・温泉民宿望海若女将の原のどかさん、白浜温泉・南紀白浜ホテル灯りや若女将の宮本優さん、白浜温泉・SHIRAHAMA KEY TERRCEホテルシーモア宿泊課次長の川田純子さん、椿温泉・湯治のできる宿しらさぎ若女将の熊野幸代さん、南紀勝浦温泉・ホテル浦島営業係長の尾崎世奈さんが登壇。温泉地や宿の紹介を通して、12湯の魅力を発信しました。

GoToわかやま12湯

温泉地の魅力、旅館の
お勧めポイントを紹介した座談会

(次の記事)ウィズコロナで「Go Toわかやま12湯」 トラベルニュース友の会キックオフ(2) 宿泊券が当たる抽選会も

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ