楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社、ワーケーションを提案 オンラインセミナーやモニターツアーで導入促す

20/09/22

阪急交通社(酒井淳社長)は、コロナ禍で注目を集める「ワーケーション」に力を入れる。オンラインセミナーやモニターツアーを企画するなど取り組みを展開。企業や団体への提案を拡大していく。

旅先で仕事を行うスタイルであるワーケーションは、ウィズコロナ、アフターコロナを見据え、新しい働き方として注目する企業が増加。同社ではこれまで各地で滞在型ツアーを企画してきたノウハウを生かし、企業や団体に対し今回のセミナーやモニターツアーを通して、導入へのステップとしてもらう。ワーケーション候補地の開拓や環境整備のサポートをはじめ地域との連携も模索していく。

オンラインセミナーは10月14日19時30分―21時、和歌山県や日本航空の担当者によるワーケーションの導入事例や、長崎県五島市での取り組みをテーマにしたパネルディスカッションを実施する。

モニターツアーは、その長崎県五島列島へ2021年1月12―15日の3泊4日でワークショップや、参加前後で心にあった変化を読み取るEQスコア測定、地域観光などを組み合わせた。東京、大阪、福岡発着。

詳しくは、9月14日には開設した専用ウェブページ(https://www.hankyu-travel.com/hojin/workation/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ