楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「オトナの酒学旅行」第4弾は宮城県塩竃への旅 阪急交通社、4・5月に実施

21/03/16

阪急交通社は4、5月、オンライン旅行企画「おうち旅」シリーズの「オトナの酒学旅行」の第4弾として宮城県塩竃への旅を実施する。今回は東日本大震災から10年の節目を迎え、さらに前進を続ける地元酒蔵を支援。自宅にいながら食とライブ映像で塩釜の酒文化に触れられる。

「オトナの酒学旅行」は、全国の酒蔵がつくる地酒と観光をオンラインで楽しむバーチャル旅行。日本酒スタイリストの島田律子さんが監修を務める。

今回の旅は「宮城塩竃の『浦霞』と石巻ほやを知る編」。地元の銘酒「浦霞」をつくる佐浦酒造で担当者から酒造りの解説などを聞きながら酒蔵内部をバーチャルで見学。双方向のコミュニケーションもあり、酒文化に深く触れられる内容になっている。

また、地元塩竃の名所めぐりや塩竃みなと祭り体験、宮城の特産「ほや」など地元文化を自宅で体感。事前に送られる日本酒セットでの乾杯タイムも。

日程と時間は4月22日と5月13日が19―21時、4月24日と5月15日が16―18時。料金は1人5千円。成人に限る。

詳しくは同社サイト(https://www.hankyu-travel.com/)から。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ