楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

堺市のツアー代金を割引 「堺旅CP」商品登録を募集中/大阪

22/09/14

コロナ禍で落ち込んだ旅行需要を喚起しようと大阪府堺市は9月9日から「堺旅キャンペーン」を始めた。堺市への旅行商品を造成する旅行業者や堺市内の宿泊事業者を募集、旅行商品に含まれる参加者1人あたりの市内消費額に応じて旅行代金を3―5千円割り引く。現在、旅行商品の登録申請を旅行業者に呼びかけている。

キャンペーンの実施は今回が初めて。堺市内での宿泊、観光消費を促すことで地域の経済波及効果を促す。具体的には宿泊のほか、有料観光施設の入場や体験、飲食店、土産店などのスポットなど2カ所以上を含む旅行商品で、プラン名称に「堺旅キャンペーン」と入れることが条件。ただし、堺の伝統産業や歴史・文化を体験するスポットを組み入れた場合は1カ所のみでも構わない。また、ツアー実施に伴い堺市内に事業所がある交通機関を利用した場合は、交通費も消費対象となる。

割引額は、ツアー料金に含まれる堺市内の消費額が6千円以上1万円未満で1人3千円、1万円以上で1人5千円(いずれも税込)。

ツアー参加者については、ワクチン接種歴3回以上またはPCR・抗原検査で陰性が確認されていることに加え、近畿2府4県在住者であることを条件としている。

「大阪いらっしゃいキャンペーン」をはじめ2府4県の府民割、県民割との併用も可能。ただし併用に関しては一定の条件、制約があるため、事務局に要問い合わせ。

キャンペーンは9月9日―12月31日を第1期、2023年1月1日―2月28日を第2期とし、現在は第1期出発分の旅行商品の登録申請を受け付けている。割引総額が予算額(1660万円)に達した場合、感染者がまん延した場合など早期に受付を終了する。

登録申請はウェブ(https://sakaitabi.jp)の事業者用ページにアクセスし、ウェブ上で申請、もしくは所定の申請書をダウンロードし郵送またはファクスでも可能。インターネット環境がない場合、事業者用ページのIDとパスワードについては事務局に問い合わせる。

事務局の浅野間淳さんは「第7波も徐々に落ち着いてきました。旅行会社の皆さまには堺市への旅行商品をぜひ造成いただき、本キャンペーンに参画してほしい」と呼びかけている。

堺旅キャンペーン事務局(近畿日本ツーリスト関西法人MICE支店内)電話06―6635―2640、メールsakai-tabi@ot.knt.co.jp。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ