楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ワラビーに乗って箱根へ 小田急電鉄

19/08/07

新宿から「ワラビー」に乗って箱根へ、江ノ島へ。

小田急電鉄(東京都新宿区)は9月10-11月3日まで、特急ロマンスカーにラグビー・オーストラリア代表チームのロゴを配した、「ワラビーズ号」(英語表記はWallabies Go)を運行する。

ワラビーズ号でRWC盛り上げにひと役

ワラビーズはラグビー・オーストラリア代表チームの愛称で、9月20日に開幕するRWC(ラグビーワールドカップ)日本大会では、事前キャンプを神奈川県小田原市で行う。小田原市や隣接する箱根町は、小田急電鉄の西の拠点で、同社は今年4月、ラグビーオーストラリア協会と、ワラビーズの応援を目的としたパートナーシップ契約を結び、7月1日にはシドニーに観光プロモーション事務所を開設している。

小田急電鉄では、「沿線の小田原から世界の頂を目指すワラビーズを地域と一体となって応援する機運の醸成を図るほか、日本を訪れる世界中のワラビーズサポーターに、小田原や箱根に代表される沿線の魅力を発信していきます」としている。

ワラビーズ号は1編成で、新宿-箱根湯本間を中心に毎日上り下り4-5便程度を運行する。運行初日とワラビーズの試合日には、座席のヘッドカバーをロゴ入りにするほか、新宿や小田原駅の駅構内もロゴやポスターの掲示などで、応援ムードを盛り上げる。

9月7日には、「ワラビーズ歓迎記念乗車券」(1000)を限定1500セットに発売する。

ワラビーズはRWCに9大会連続9回目の出場し、2大会で優勝している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ