楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:IATA調査 収束後の航空旅行は「緩やかな回復」

20/05/04

国際航空運送協会(IATA)は先ごろ、パンデミック(世界規模のコロナウイルス感染拡大)が封じ込められた以降の、航空機を利用する旅行の見通しについて、6割は1-2カ月後に旅行に戻るものの、4割は6カ月以上かかり、全体の7割は個人の財政状況が安定するまで旅行再開を遅らせる可能性があるとする、最新の調査を発表した。

慎重な航空旅行への復帰の行動は、すでにコロナウイルス感染が抑え込まれつつある地域で具体的に見られるとして、IATAは中国の例を紹介。

中国では新たな感染者数の報告が激減して以降、国内便の運航数は上昇したものの、コロナ以前の4割強で頭打ちとなっている。さらに1機あたりの座席利用率も低い。

こうした航空旅行の需要の「緩やかな回復」が予想されることを受け、IATAのアレクサンドル・デ・ジュニアック事務局長兼CEOは、「パンデミックが封じ込められた後でも、旅客は二重の打撃を受けます。旅行の安全についての懸念と、景気後退による個人的な経済的問題です」とし、各国の政府が航空業界と協力して、感染症からの旅行の安全と、経済的な信頼を高める措置を講じるよう求めている。

また、パンデミック後の旅行の回復については、国内航空旅行が主導し、その後、政府が徐々に規制を緩和し、地域間および大陸間が続くとし、国際航空旅行の回復に向け、国内市場の動向が重要な指標になるとしている。

IATAは世界120カ国・290の航空会社が加盟する国際機関。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ