楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ツーリズムを通じた地域活性化 世界観光大臣会議(2)/ツーリズムEXPO

ツーリズムは「持続的な幸福実現の手段」

ブータンには「国民総幸福量」という理念があり、幸福の追求はGDPの追求より大切と考えられている。観光は、持続的に幸福を実現するための手段で「観光の価値は量ではない」という考えを示した。

カンボジアではエコツーリズムの進展に各省が協力、官民連携で地域社会を成長させるという「コミュニティベースの観光」が指針。ミャンマーも130超の民族文化を体験してもらうなどコミュニティベースの観光の実現に取り組み、モンゴルでも観光による地方の若者の雇用増など「コミュニティとして満足感を得ることを大事している」とするなど、観光による地域活性化へのキーワードは「コミュニティ」にあるようだ。

一方で、フランスは「長く滞在してもらうことに注力」、イタリアは「オーバーツーリズムで地域の生活を損なわないよう価値の成長に取り組む」、スイスは「季節性と低賃金の問題への対応」など、欧州をはじめとした観光先進国では一歩先に進んだ現実的な課題への対応が目立つ。

田端長官は「観光は地域活性化の柱。地方へ多くの人に訪れてもらうことに重点を置くが、持続可能は日本でも課題。DMOや指標の測定などに取り組み、進展を図っている」などと発言した。

最後にアニータさんは、各国の意見を聞いて「共通のビジョンを持つことが大切。簡単ではないが、地域の人が幸せのために観光に参加しないといけない」と話した。

(前の記事)ツーリズムを通じた地域活性化 世界観光大臣会議(1)/ツーリズムEXPO

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ